名古屋大学 心の発達支援研究実践センター

English

「こころ」の問題に真摯に取り組みます。

センター概要

当センターの設立趣旨や活動内容、各分野の研究内容などをご案内しています。

担当教員

当センターに所属する各教員の研究内容、論文・著作等の実績をご紹介しています。

心理発達相談室

お知らせ

すべて見る

2016/11/24

脳とこころの研究センタープログレスレポート会議

The Brain & Mind Research Center Progress Report Meeting

日時:平成 28 年 12月 13日(火曜日) 18:15 - 19:45
Time & Date:18:15-19:45  December 13, 2016

開催場所:名古屋大学・東山キャンパス・教育学部1階 第1講義室
Venue:Lecture Room 1, First floor, Graduate School of Education and Human Development, Higashiyama-Campus, Nagoya University


【司会・コーディネーター】

大平 英樹 先生 名古屋大学大学院環境学研究科

Dr. Hideki Ohira (Graduate School of Environmental Studies, Nagoya University)

金子 一史 先生 名古屋大学心の発達支援研究実践センター

Dr. Hitoshi Kaneko (Psychological Support and Research Center for Human Development, Nagoya University)

 

【発表】

1. 遠山 朝子 先生 名古屋大学大学院環境学研究科・日本学術振興会特別研究員PD

 文脈依存の価値fMRIと自律神経系の同時計測、および計算論モデルを用いた研究

"Context-dependent values: Studies using fMRI and computational modeling"

Dr. Asako Toyama (Graduate School of Environmental Studies, Nagoya University; Japan Society for the Promotion of Science: JSPS)

 

2. 金子 一史 先生 名古屋大学心の発達支援研究実践センター

自傷行為といじめおよび学校での安心感との関連

"Association Between Bullying Behavior, School Safety, and Self-Cutting: A Japanese Population-Based School Survey"

Dr. Hitoshi Kaneko (Psychological Support and Research Center for Human Development, Nagoya University)

 

 

※事前の登録等は不要です。

 


» 概要資料(pdf)

2016/11/17

報告会・講演会のお知らせ

 文部科学省事業「発達障害に関わる教職員育成プログラム開発事業」の成果報告会および記念講演会を開催します。


日 時:2016年12月17日(土) 13:00-16:45(開場 12:30)

対象者:主に中学校・高等学校・特別教育支援学校の教職員,発達障害支援     に関わる方

参加費:無料

定 員:200名

お申込み・お問い合わせ:
名古屋大学心の発達支援研究実践センター第1プロジェクト室
mail :
hattatsushien@educa.nagoya-u.ac.jp

» 概要資料(pdf)

2016/09/26

新刊のお知らせ

永田雅子教授の編著「妊娠・出産・子育てをめぐるこころのケア」

          親と子の出会いからはじまる周産期精神保健

 

 

*不妊治療。胎児診断といった近年注目されている問題から、低出生体重児などリスクをもって生まれてきた児とその家族の支援に至るまで、周産期精神保健にかかわる幅広いトピックを網羅。

 

*複数の専門職に視点から、その連携のあり方・地域での支援につなぐあり方についても探る一冊。

 

ご注文は書店にてお願いいたします。

» 概要資料(pdf)