名古屋大学 心の発達支援研究実践センター

English

担当教員

永田雅子((ながたまさこ)) 教授

名古屋大学大学院教育学研究科 博士(心理学)
» 永田研究室HP

発達障害と母子の関係性支援を専門としています。周産期医療・母子保健・子育て支援など臨床現場での新生児期~乳幼児期の子どもたちの発達支援と家族への支援のあり方を主な研究テーマとしています。特に周産期領域では、周産母子センター(NICU)を中心として、生まれてきた(生まれてくる)赤ちゃんにリスクを抱えている家族への支援とそのフォローアップに長年携わってきており、様々な職種と連携を取りながら、全国的な体制の構築にも取り組んできています。

それ以外にも、地域と連携をし、家族背景や子どもの発達のアンバランスさなど何らかのリスクをもった家族と子どもへの早期介入プログラムの構築や、乳児院でのこころのケアなども行っています。親子の関係が築かれていく過程は、母親自身の要因(育てられ体験や妊娠・出産過程での傷つきなど)と、子ども自身の要因(未熟性やもって生まれてきた個性、発達のアンバランスさなど)そして、親子を取り巻く場の要因が複雑に絡み合いながら進んでいきます。そして時にはお互いの要因が絡み合って、関係が悪循環に陥ってしまうこともあります。子どものこころを育て、親と子の関係性を支援していくためのあり方を、主に周産期から乳幼児期に焦点を当てて、研究と臨床をおこなっていきたいと考えています。

これまで、乳幼児期の母子だけではなく、児童期~思春期の子どもたちやそのご家族、そして発達障害の子どもたちへの支援を幅広くおこなってきました。これからも、関連領域の他職種と幅広く連携をとりながら、親と子の心理的支援のあり方について考えていきたいと思っています。

主要論文・著作

  1. M.Nagata,Y.Nagai, H.Sobajima, T.Andou, Y.Nishide, S.Honjo. Depression in the early postpartum period and attachment to children in mothers of NICU infants. Infant and Child Development 13  93-110. 2004
  2. 永田雅子 早期および新生児期の母子援助 特集 アスペルガー症候群 そだちの科学5 29-34 2005
  3. 永田雅子 周産期における心理的ケアが母親のマタニティブルーズに与える影響~10年後の再調査から~ FOUR WINDS乳幼児精神保健学会誌創刊号 56-61, 2008
  4. 永田雅子 母子の関係の病理とその支援  こころの臨床アラカルト 星和書店 2011
  5. 永田雅子 周産期のこころのケア~親と子の出会いとメンタルヘルス 遠見書房 2011

▲このページのトップに戻る