名古屋大学 心の発達支援研究実践センター

English

お知らせ

2017/06/01

公開レクチャーのお知らせ

アメリカから講師をお招きして集中講義を開催します。

一般の方もご参加可能です。

    

テーマ:認知行動療法

講師:David J.Kutz, Ph.D.

ニューメキシコ大学医学部臨床准教授、Private Practice, Clinical Psychologist ( Santa Fe)

①8月1日13:00-14:30 Basics of CBT

②8月1日14:45-16:15 OCD

③8月2日13:00-14:30 Generalized Anxiety

④8月2日14:45-16:15 Eating Disorders (Anorexia & Bulimia)

場所:名古屋大学教育学部 E演習室 (東山キャンパス)

参加費:無料

    

*こちらのセミナーは大学院の講義の一部を一般の方に公開しています。レクチャーは英語で行われます。

お申込み・お問合せ:名古屋大学心の発達支援研究実践センター(近藤)

          Tel:052-789-2658 Mail:e43195b@cc.nagoya-u.ac.jp

名古屋大学教育発達科学研究科・心の発達支援研究実践センター共催ta Fe)

» 概要資料(pdf)

2017/01/24

新刊のお知らせ

「日本とフィンランドにおける子どものウェルビーングへの多面的アプローチ」  子どもの幸福を考える                           松本真理子編著

 

 

本書は、日本学術振興会科学研究費助成による日本とフィンランドの学校環境と子どものウェルビーイングに関する2国間比較研究の成果を中心として、フィンランド人心理学者とフィンランド在住の日本人心理学者による論考などから構成された図書です。日本とフィンランドの子どものウェルビーイングに対する多面的アプローチを通して子どもにとって幸福な環境とはどのようなものであるのか、考えてもらえるように構成されています。

2017年1月30日刊行 明石書店      

                  

2016/11/24

脳とこころの研究センタープログレスレポート会議

The Brain & Mind Research Center Progress Report Meeting

日時:平成 28 年 12月 13日(火曜日) 18:15 - 19:45
Time & Date:18:15-19:45  December 13, 2016

開催場所:名古屋大学・東山キャンパス・教育学部1階 第1講義室
Venue:Lecture Room 1, First floor, Graduate School of Education and Human Development, Higashiyama-Campus, Nagoya University


【司会・コーディネーター】

大平 英樹 先生 名古屋大学大学院環境学研究科

Dr. Hideki Ohira (Graduate School of Environmental Studies, Nagoya University)

金子 一史 先生 名古屋大学心の発達支援研究実践センター

Dr. Hitoshi Kaneko (Psychological Support and Research Center for Human Development, Nagoya University)

 

【発表】

1. 遠山 朝子 先生 名古屋大学大学院環境学研究科・日本学術振興会特別研究員PD

 文脈依存の価値fMRIと自律神経系の同時計測、および計算論モデルを用いた研究

"Context-dependent values: Studies using fMRI and computational modeling"

Dr. Asako Toyama (Graduate School of Environmental Studies, Nagoya University; Japan Society for the Promotion of Science: JSPS)

 

2. 金子 一史 先生 名古屋大学心の発達支援研究実践センター

自傷行為といじめおよび学校での安心感との関連

"Association Between Bullying Behavior, School Safety, and Self-Cutting: A Japanese Population-Based School Survey"

Dr. Hitoshi Kaneko (Psychological Support and Research Center for Human Development, Nagoya University)

 

 

※事前の登録等は不要です。

 


» 概要資料(pdf)

2016/11/17

報告会・講演会のお知らせ

 文部科学省事業「発達障害に関わる教職員育成プログラム開発事業」の成果報告会および記念講演会を開催します。


日 時:2016年12月17日(土) 13:00-16:45(開場 12:30)

対象者:主に中学校・高等学校・特別教育支援学校の教職員,発達障害支援     に関わる方

参加費:無料

定 員:200名

お申込み・お問い合わせ:
名古屋大学心の発達支援研究実践センター第1プロジェクト室
mail :
hattatsushien@educa.nagoya-u.ac.jp

» 概要資料(pdf)

2016/09/26

新刊のお知らせ

永田雅子教授の編著「妊娠・出産・子育てをめぐるこころのケア」

          親と子の出会いからはじまる周産期精神保健

 

 

*不妊治療。胎児診断といった近年注目されている問題から、低出生体重児などリスクをもって生まれてきた児とその家族の支援に至るまで、周産期精神保健にかかわる幅広いトピックを網羅。

 

*複数の専門職に視点から、その連携のあり方・地域での支援につなぐあり方についても探る一冊。

 

ご注文は書店にてお願いいたします。

» 概要資料(pdf)

2016/07/14

心の発達支援シリーズ全6巻 ついに全巻刊行!

「心の発達支援シリーズ」(松本真理子・永田雅子・野邑健二監修, 明石書店)全巻刊行です。

本シリーズは、心の発達支援研究実践センター教員がこれまでの研究や実践の成果をまとめた全6巻のシリーズです。

近年、発達障害と診断されている子どもに限らず、担任や保護者にとって「発達が気になる」子どもが急増しています。

保護者の方や専門家の方々が、そうした子どもや青年を発達段階ごとに理解し、適切なかかわりを行うことができるよう具体的に解説しています。

        

      

    第1巻 乳幼児  永田雅子著

          育ちが気になる子どもを支える

    第2巻 幼稚園・保育園児  野邑健二編著

      集団生活で気になる子どもを支える 

    第3巻 小学生  福元理英編著

      学習が気になる子どもを支える

    第4巻 小学生・中学生  松本真理子・永田雅子編著

     情緒と自己理解の育ちを支える

      第5巻 中学生・高校生  酒井貴庸編著

     学習・行動が気になる生徒を支える

      第6巻 大学生  鈴木健一・安田道子編著

     大学生活の適応が気になる学生を支える 

» 概要資料(pdf)

2016/05/30

公開レクチャーのお知らせ

イタリアから講師をお招きして集中講義を開催します。

一般の方もご参加可能です。

 

Psychology of Adolescence and Emerging adulthood
青年期から成人期の心理学

講師:ボローニャ大学 Ms. Crocetti, Elisabetta先生

 
場所:名古屋大学教育学部E演習室

 
日時: 8月1日 ~4日      
 

*事前にお知らせしていました、お時間、内容と若干変更ございますので、よろしくお願いいたします。

 

   
 
Sub title :Theoretical models and methods for studying psychosocial processes in adolescence and emerging adulthood

Outline

 

This course is aimed at providing students with a knowledge regarding psychosocial processes in adolescence and emerging adulthood. Theoretical models and empirical evidence covering core processes will be presented and discussed. In addition, different methods for the study of adolescence and emerging adulthood will be presented, with a strong focus on longitudinal, cross-cultural, and meta-analytic approaches. Finally, academic writing and the submission and review process will be discussed.

Attainment target

 

The aim of this course is to help students to acquire an understanding of (a) the fundamental psychosocial processes typical of adolescence and emerging adulthood; (b) main principles of different research methods used in adolescent and emerging adult research; (c) notions about international academic writing.

The contents of the lesson

 

 

    1. Introduction to adolescent psychology (8/1 Monday, 10.30-12)

 

    2.  From adolescence to adulthood: The theory of emerging adulthood

   (8/1 Monday, 13-14.30)

 

    3.  Identity formation in adolescence and emerging adulthood

        (8/1 Monday, 14.45-16.15)

 

    4.  Identity, problem behaviors, and well-being (8/2 Tuesday, 9-10.30)

 

    5.  The social contexts: family, peers, and school (8/2 Tuesday, 10.30-12)

 

    6.  The social contexts: work and romantic relationships, social participation and civic engagement (8/2 Tuesday, 13-14.30)

 

    7.  Cross-cultural perspectives on adolescence and emerging adulthood and a focus on adolescents and emerging adults in Japan (8/3 Wednesday, 9-10.30)

 

    8.  Methods for studying adolescence and emerging adulthood: A focus on longitudinal approaches (8/3 Wednesday, 10.30-12)

 

    9.  Methods for studying adolescence and emerging adulthood: A focus on cross-cultural approaches (8/3 Wednesday, 13-14.30)

 

   10. Methods for studying adolescence and emerging adulthood: A focus on meta-analytic approaches (8/4 Thursday, 9-10.30)

 

   11. Academic writing for international journals: The submission and review process (8/4 Thursday, 10.30-12)

 

   12. Questions & Answers; Final evaluation (8/4 Thursday, 13-14.30)

 


 

 

*レクチャーは英語で行われます。準備の都合上、参加ご希望の方は、事前にメールにてご連絡いただければ幸いです。

事前連絡いただけない場合でもご参加は可能です。奮ってご参加下さい。一般の方の参加費は無料です。お待ちしております。

 

お申込み・お問い合わせ:

名古屋大学 心の発達支援研究実践センター  (近藤)

  Tel:052-789-2658    Fax:052-789-2651

 mail:e43195b@cc.nagoya-u.ac.jp

          

» 概要資料(pdf)

2016/05/16

公開レクチャーのお知らせ

世界的な自閉症の診断ツールであるADOSの日本版開発者のおひとりである黒田先生においでいただき、乳幼児期の発達障害の包括的アセスメントの世界の動向と理論的背景について、ご講演いただきます

 

テーマ:乳幼児期の発達障害の包括的アセスメントと支援

 

講師:   黒田美保教授
       
名古屋学芸大学ヒューマンケア学部こどもケア学科

 

場所:   名古屋大学教育学部2階大講義室

 
日時:   8月7日(日)15:00-17:00

 

*会場定員(定員100名)の都合により、参加申込が必要です。下記ホームページもしくは

QR コード(添付ポスター)からお申し込みください。  

    
参加費は無料です。ご参加お待ちしています!

 

ホームページ:http://hattatsu-shien.cdcpp.nagoya-u.ac.jp

     

問合せ先:      名古屋大学心の発達支援研究実践センター
                      第1プロジェクト室

                      E-mail:hattatsushien@educa.nagoya-u.ac.jp(井芹)

» 概要資料(pdf)

2016/05/12

公開レクチャーのお知らせ

今回は、NBAS をDr.Brazelton とともに開発し、NBO プログラムの開発者であるProfessor J. Kevin Nugent (Boston Childrenʼ's Hospital, USA)とNBO トレーナーとして世界各国で指導経験のあるProfessor Campbell Paul (Royal Children's Hospital,Melbourne, Australia)を招聘し、公開レクチャーを開催します。

    

NBO は、親子関係構築支援ツールとしてNBAS(新生児行動評価)を改良した生後3 か月迄の子どもとその親への早期介入プログラムです。現在は、世界20 か国の臨床現場で導入され、母親のメンタルへルスの指標の改善、親子関係構築促進等の効果が報告されています。

   

 

テーマ:子どものレジリエンスを新生児期の支援から考える   

 

Dr. Nugent (米)   新生児期の介入ポイント  (英語)

Director, Brazelton Institute, Boston Children's Hospital; Emeritus Professor, University of Massachusetts at Amherst Lecturer, Harvard Medical School.

Dr. Campbell(豪) トラウマを受けた子どもと親への関わり (英語)

Associate Prof, NBO, Royal women's Hospital, Royal Children's
Hospital Melbourne, and the University of Melbourne.


 
永田雅子(日)   日本における周産期からのこころのケアの現状と課題 

                              -NBOの活用の可能性について- (日本語)

教授, 名古屋大学 心の発達支援研究センター 

    

場所:名古屋大学野依学術交流記念館  (添付資料ご参照ください。)

     野依記念学術交流館へのアクセス(キャンパスマップ)はこちら

   ⇒ http://www.nagoya-u.ac.jp/access-map/index.html

日時:9月18日(日)13:30~17:00(13:00開場)

*海外から招聘された先生のレクチャーは英語で行われます。通訳はつけませんが、資料(和訳)を用意する予定です。

準備の都合上、参加ご希望の方は、事前にメールにてご連絡ください。

 

参加費は無料です。奮ってご参加ください。

 

お申込み・お問い合わせ:名古屋大学 

心の発達支援研究実践センター  (近藤)

Tel:052-789-2658    Fax:052-789-2651    mail:e43195b@cc.nagoya-u.ac.jp

 

 

» 概要資料(pdf)
» (jpg)

2016/04/04

新刊のお知らせ

「心の発達支援シリーズ」(松本真理子・永田雅子・野邑健二監修, 明石書店)順次刊行中です。

本シリーズは、心の発達支援研究実践センター教員がこれまでの研究や実践の成果をまとめた全6巻のシリーズです。

近年、発達障害と診断されている子どもに限らず、担任や保護者にとって「発達が気になる」子どもが急増しています。

保護者の方や専門家の方々が、そうした子どもや青年を発達段階ごとに理解し、適切なかかわりを行うことができるよう具体的に解説しています。

        

  なお4巻から6巻は5月末までに順次刊行予定です。

      

    第1巻 乳幼児  永田雅子著

          育ちが気になる子どもを支える

    第2巻 幼稚園・保育園児  野邑健二編著

      集団生活で気になる子どもを支える 

    第3巻 小学生  福元理英編著

      学習が気になる子どもを支える

    第4巻 小学生・中学生  松本真理子・永田雅子編著

     情緒と自己理解の育ちを支える

      第5巻 中学生・高校生  酒井貴庸編著

     学習・行動が気になる生徒を支える

      第6巻 大学生  鈴木健一・安田道子編著

     大学生活の適応が気になる学生を支える 

       

2015/12/01

改装、冬季休業に伴う相談室休室のお知らせ

平成27年12月1日

ご来談の皆様

名古屋大学

心の発達支援研究実践センター

心理発達相談室

 

改装、冬季休業に伴う相談室休室のお知らせ

 

誠に勝手ながらこのたび当相談室では、待合室改装工事、冬期休業のため下記のとおり休室とさせていただきますので、お知らせいたします。

期間中はご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解頂けますようお願い申し上げます。

 

休室期間

平成27年12月24日~平成28年1月3日(11日間)

 

以上

   

   

   

   

   

2015/11/03

公開レクチャーのお知らせ

フィンランド・トゥルク大学の教授であられるソーランダー先生をお招きして下記の通り、公開レクチャーを開催します。

                                                                                                  

申込み不要です。皆様のご参加お待ちしております。

                                                                                                                                     

                                                                         

日時:

11月19日(木)  18:30-20:00  

"Remote parent training for 4-year old children using web based psychoeducation and weekly phone calls - results of randomized controlled trial "

ウェブでの心理教育および毎週の通話を使用した4歳の子どものための遠隔ペアレント トレーニング - 無作為対象化試験の結果

11月26日(木) 19:00 -20:30 

"Results of Finnish-Japan comparison of peer problems, body image distress and school safety""

フィンランドと日本の国際比較研究結果-仲間問題、ボディイメージの障害、学校の安全性

12月10日(木)   18:30 -20:00  

"Parental and prenatal risk factors of major neuropsychiatric disorders"

 主な神経発達障害のリスク要因ー両親および出生前に関して

                                                                                          

場所:名古屋大学教育学部第一講義室 (一階)

 

 

 

 

» 概要資料(pdf)

2015/09/10

公開レクチャーのお知らせ

フィンランド・トゥルク大学の名誉教授であられるソイリ・ケスキネン先生と エスコ・ケスキネン先生をお招きして下記の通り、公開レクチャーを開催します。お申込み不要です。皆様のご参加お待ちしております。

 

講師:Soili Keskinen 名誉教授・Esko Keskinen名誉教授

場 所:名古屋大学教育学部E演習室

参加費:無料

日程:10月7日(水)19:00~21:00

19:00~19:45 "Women's career development in Finland"

ソイリ・ケスキネン先生「フィンランドにおける女性のキャリア開発」

19:45~20:00 質疑応答

 

20:00~20:45

"Traffic safety education for children:latest scientific news"

エスコ・ケスキネン先生

「子どものための交通安全教育:最近の科学ニュース」

20:45~21:00  質疑応答


問い合わせ先:名古屋大学教育学部 心の発達支援研究実践センターE-mail:e43195b@cc.nagoya-u.ac.jp (近藤)052-789-2658

» 概要資料(pdf)

2015/05/22

「心の発達支援研究実践センター」改組記念行事

日時:平成27年5月23日(土) (会場9時30分~)

場所:名古屋大学豊田講堂 (名古屋市千種区不老町)

プログラム

第1部 心の発達とメンタルヘルス (10時~12時) シンポジウム

第2部 ともに歩む・ともに支える (13時20分~15時30分) 講演

     ~発達障害児支援研究プロジェクトから~ 

多くの方々にご参加申し込みいただきありがとうございます。

まだ席に余裕がありますので、お申込みなしで当日おこしいただいてもご参加いただけます。

お待ちしております。

2015/05/22

公開レクチャーのお知らせ

スペインから先生をお招きして下記の通り、公開レクチャーを開催します。

お申込み不要です。皆様のご参加お待ちしております。

講師:Ramos Cejudo Juan 先生
      マドリード・コンプルテンセ大学(スペイン)准教授

  場所:名古屋大学教育学部第3講義室

 参加費:無料

     日程:第1回 6月18日(木)18:00-19:30

                  テーマ Cognitive processes in emotion 

                               (感情の認知プロセス)


              第2回 6月25日(木)18:00-19:30 

              テーマ  Emotion Regulation (感情の調整)        

 

              第3回 7月 9日 (木)18:00-19:30   

               テーマ Psychological treatment in emotional disorders

            through videogames 

                    (ビデオゲームを用いた、情緒障害の心理学的治療)

             問い合わせ先:名古屋大学教育学部 心の発達支援研究実践センター

       E-mail:e43195b@cc.nagoya-u.ac.jp (近藤)052-789-2658

» 概要資料(pdf)

2015/04/02

「心の発達支援研究実践センター」改組記念行事

 

日時:平成27年5月23日(土) (会場9時30分~)

場所:名古屋大学豊田講堂 (名古屋市千種区不老町)

                                                                         

                                                                                  

プログラム

第1部 心の発達とメンタルヘルス (10時~12時) シンポジウム

1.乳幼児期の子どもの育ちと子育てのメンタルヘルス

  永田雅子(心の育ちと家族分野・准教授)

2.子どもの取り巻く環境とメンタルヘルス

  松本真理子(こころと社会のつながり分野・教授)

3.青年期のインターネット依存とメンタルヘルス

  金子一史(こころの育ちと家族分野・准教授)

4.学生相談からみた大学生の心の世界とメンタルヘルス

  鈴木健一(こころの支援実践分野・教授)

                                                                                     

第2部 ともに歩む・ともに支える (13時20分~15時30分) 講演

     ~発達障害児支援研究プロジェクトから~ 

1.特別支援教育の現状と課題

   井上恵嗣(文部科学省初等中等教育局特別支援教育課長)

2.モンゴルの伝統教育と特別支援教育

   D.Odgerel (モンゴル国立教育大学・講師)

3.発達早期からの理解と支援~プロジェクトの活動から見えてきたこと~ 

  野邑健二(発達障害児支援研究プロジェクト・特任准教授)

4.発達障害に関わる教職員における理解の促進

  酒井貴庸(発達障害児支援研究プロジェクト・特任助教)

                                                                                                       

*申し込みはFAXまたはメールにてお申込み受付しております。

メールの場合は、添付の参加申込書の内容をメールいただくか、申込書をメールに添付してください。

e-mail: hattatsushien@educa.nagoya-u.ac.jp

Fax : 052-789-2651

***********多くの皆様のご参加をお待ちしています。

» 概要資料(pdf)
» 参加申込書(pdf)

2015/04/02

センター名称変更のお知らせ

平成27年4月1日

ご来談の皆様

名古屋大学

心の発達支援研究実践センター

心理発達相談室

 

このたび当センターは、平成27年4月1日付けでセンター名を

下記のように改称いたしましたのでお知らせ申し上げます。

何卒、ご理解を賜りますようお願いいたします。

 

       

旧センター名:発達心理精神科学教育研究センター   

                                                                              

新センター名:心の発達支援研究実践センター

                                                                       

以上

2014/12/22

国際会議(International Conference)                 「モンゴル国と日本の発達障害児支援および特別支援教育に関する共同研究」

 下記日程で国際会議を開催します。ご参加お待ちしています。
日程:1月16日(金)16:00~18:30
 
場所:教育学部1階大会議室
 

演題・発表者:


"Methodological problems on developmental assessment of Mongolian children"

D. Mandakh(Director, Teacher's School, MNUE)
B. Oyuntsetseg(Chief of Education Studies and Methodology Department)
T. Enkhmaa(Lecturer of Psychology, Teacher's School, MNUE)
 
"Changes and Challenges in Special Education in Mongolia"

D.Odgerel(Lecturer of Pedagogy and Special Education, MNUE)

 「健診を起点とした発達支援システムの実際」
 永田雅子(発達心理精神科学教育研究センター准教授)
 
「日本における就学時健康診断の現状」
 野村あすか(発達心理精神科学教育研究センター研究員)
 
「モンゴル国における教員へのアンケート調査結果報告」
 福元理英(発達心理精神科学教育研究センター特任助教)
 
 *お申込みは下記アドレスに1月15日迄にお願いします。  メールにはお名前・ご所属をご記載下さいますようお願いします。                
    申込先:e43195b@cc.nagoya-u.ac.jp(近藤)

» 概要資料(pdf)

2014/10/16

公開レクチャーのお知らせ

テーマ:Conduct disorders (素行障害)

日時:2014年11月10日 18:00~19:00

講師:Skokauskas, Norbert 教授

        Norwegian University of Science and Techonology (ノルウェー) 

   教授・児童精神科医

   

会場:名古屋大 教育学部E演習室

参加費:無 料

問い合わせ先: 名古屋大学発達心理精神科学教育研究センター

       Tel:052-789-2658 Fax: 052-789-2651

          mail:e43195b@cc.nagoya -u.ac.jp(近藤)

 

» 概要資料(pdf)

2014/10/06

講演会のご案内

「発達障害のある生徒への理解と支援」

日時:第1回 2014年11月30日(日)13時~17時15分

   第2回 2014年12月  6日(土)13時~17時15分

会場:名古屋大 IB電子情報館 大講義室(東棟2階)

対象者:小学校・中学校・高等学校・特別支援学校の教職員,発達障害の支援に関わる専門家の方

参加費:無 料

主催:名古屋大学大学院教育発達研究科・発達心理精神科学教育研究センター

» 概要資料(pdf)
» (pdf)

2014/04/21

防犯カメラ設置のお知らせ

ご来談者の皆様へ

平成26年4月24日より、来談される皆様の安全やプライバシーを守るとともに、事故・災害への迅速な対応や不審者の侵入を防ぐため、相談室の受付近辺に防犯カメラを設置致しました。撮影された映像は防犯安全上の問題がある場合に限り管理責任者の責任のもとに使用し、それ以外では使用致しませんので、ご安心ください。

何卒、ご理解を賜りますようお願いいたします。

 

2014/03/11

消費税法改正に伴う相談料金改定について

平成26年3月11日

ご来談の皆様

名古屋大学

発達心理精神科学教育研究センター

                            心理発達相談室

 

     消費税法改正に伴う相談料金改定について

 

 消費税法改正に基づき、平成26年4月1日より、相談料金が下記のように改定されることが決定しましたのでお知らせいたします。

  何卒、ご理解を賜りますようお願いいたします。

 

1.相談料金

 

 

種 類

単位

改定料金

受理面接

1回

3,460円

ガイダンス面接

1回

3,460円

検査面接

1回

4,000円

遊戯面接

1回

3,030円

臨床心理面接

1回

3,030円

集団心理面接

1回

2,270円

並行心理面接

1回

2,270円

家族合同面接

1回

3,780円

文書料

1通

2,160円

以上

2014/02/13

消費税法改正に伴う相談料金改定について

平成26年2月13日

 

ご来談の皆様

名古屋大学

発達心理精神科学教育研究センター

心理発達相談室

 

消費税法改正に伴う相談料金改定について

 

消費税法改正に基づき、平成26年4月1日から消費税率が5%から8%に引き上げられることが決定しました。これに伴い、当相談室における相談料金についても平成26年4月から、消費税率8%として改定させていただきます。

改正後の相談料金については、3月初旬ごろにお知らせする予定です。

何卒、ご理解を賜りますようお願いいたします。

2013/07/04

インドネシアからお招きした先生の公開レクチャーのご案内

「学習障害およびワーキングメモリー障害の子ども達 ジャカルタの小学校の現状」

日時:

平成25年7月22日(月) 18:30~20:0

会場:

名古屋大学教育学部F演習室

» 概要資料(pdf)

2013/05/23

発達障害児のライフサイクル支援セミナー

「発達障害児時に対する将来を見すえた支援 ~幼児期から成人期に向けて~」

日時:

平成25年8月23日(金) 9:15~

会場:

名古屋大学 豊田講堂ホール

» 概要資料(pdf)

2013/02/01

フィンランドからお招きした先生の公開レクチャーのご案内

講師:

Professor Keskinen, Soili Ph.D.(ケスキネン、ソイリ教授), Turku University, Finland
専門は発達心理学であり、子供の発達や教育における性差を専門に研究している。また教育学部教授として、幼児教育教師の満足度やリーダーシップ行動なども研究テーマとしている。

日時:

平成25年3月 6日 (水)19:00~20:30  「フィンランドの教育システム」
平成25年3月20日 (水)14:00~15:30  「フィンランドの教員養成と新しい授業目標」
平成25年3月26日 (火)19:00~20:30  「フィンランドの子どもと青少年の福祉における理念と目標」

会場:

名古屋大学教育学部F演習室

2011/11/02

軽度発達障害分野における治療教育的支援事業 中間報告会のお知らせ

早期からの発達支援のために ー5歳児健診の実践報告と有効性の検討ー

日時:

平成24年1月27日 9:20より12:15

場所:

蟹江町産業文化会館(中央公民館分館)

» 概要資料(pdf)

2010/12/04

第20回乳幼児医学心理学会を開催します。

日時:

平成22年12月4日(土)

会場:

名古屋大学 東山キャンパス
地下鉄名城線 名古屋大学駅下車

会長:

永田 雅子(名古屋大学)

メインテーマ:

親と子の関係性と発達の支援
クロストーク「周産期臨床と発達臨床の出会い」
 講演者1:堀内 勁(聖マリアンナ医科大学)
 講演者2:滝川一廣(学習院大学)

事務局:

〒464-8601名古屋市千種区不老町
 名古屋大学発達心理精神科学教育研究センター
 日本乳幼児医学・心理学会事務局
 代表  永田 雅子
 FAX (052)789-2651
 E-mail q47416a[at]cc.nagoya-u.ac.jp ([at]を@に変えてください。)

※ 入会希望の方は,申込書に記入のうえ事務局に送付してください。
※ 演題募集は締め切りました。

» 大会プログラム(pdf)

2009/06/08

フィンランドから心理学者をお招きした公開レクチャーのご案内

このたび本センターではフィンランドから心理学者をお招きしてフィンランドの子どもの生活と教育システムについての講演会を開催することになりました。
フィンランドはご承知のように国際学力到達度調査(PISA)の結果、高い学力が示され、その教育方法はフィンランド・メソッドとして世界の注目を集めています。フィンランドの子どもたちの日常の生活や学校生活をめぐる興味深いお話しを聴くことができること思います。

演題:

「フィンランドの子どもと教育システム-PISAの結果も含めて-」

講師:

Professor Soili Keskinen, Ph.D(Turku University, Finland)

日時:

平成21年6月8日(月) 10:30 ~12:00 (定員80名)

場所:

名古屋大学、教育学部第3講義室

問い合せ先:

名古屋大学発達心理精神科学教育研究センター
 Tel: 052-789-2658
 Fax: 052-789-2651
 E-mail: e43195b@cc.nagoya-u.ac.jp (担当 : 森)

※ E-mail又はファックスにて出席のお申込みをお願いいたします。
※ 当日は日本語訳講演要旨を配布予定です。

▲このページのトップに戻る